僕がこの家に生まれてきた理由

「ねぇ、○○ちゃんは天国に行ったことある?」

「えっ、そんなの行ったことないよ○○ちゃん。」

「じゃあ、生まれてくる前の記憶は?」

「・・・どういうこと?」

「私のお母さんが言ってたんだけどね、保育園の子どもはみーんな生まれてくる前は天国にいたんだよ。」

「えーっ!?それ本当?」

「本当だよ!お母さんが言ってたもん!私たちは天使だったんだよ!」

「そっかぁ・・・天使の翼はどこいっちゃったんだろうね?」

「どこかで、もげちゃったとか?」

天国があるとか、地獄があるとか、どちらかと言うと僕は信じない方だ。

「ねぇお母さん。」

「どうしたの○○。」

「僕って生まれてくる前はどこにいたのかな?」

「え?そりゃあ、天国じゃないの?」

「え!お母さんもやっぱりそう言うの!?」

「一体何のこと言ってるの?」

「僕は、天国があるとか、地獄があるとか、目に見えないものを信じることは出来ないよ。」

「そう。けど目に見えるものだけが全部というのも限らないんじゃない?」

「それって、どういうこと?」

ソクラテスの、無知の知よ。」

ソクラテスって、誰?」

「そうね。話を戻せば、お母さんが聞いた話だけど○○は生まれてくる前『神様、僕このお家に生まれたい!』『そうか、では行ってこい。』って神様と話し合って来たって聞いてるよ?」

「え?僕そんなこと言ってた?」

「天国でそう言ったから○○がこの家にやって来たんでしょ?お母さんは知らないわよ。」

「じゃあ反対に聞くけど、○○はどうしてこの家に生まれてきたの?何か理由があって生まれてきたんでしょ?」

「僕がこの家に生まれてきた理由・・・。」

その日、僕はおかしな夢を見た。

「・・・あれ?ここはどこ?お母さーん!お父さーん!」

「・・・誰もいないのかな。あれっ、あんなところに家が建ってる。」

僕が家の近くまで来ると、そこには見知らぬおじさんがいた。

「おじさんこんにちは。何してるの?」

「うん?ワシかね?ワシはこの家を作っておるのだよ。」

「おじさん一人で?誰のお家なの?」

「この家の持ち主はええと、確か○○の家じゃったかな。」

「えっ!?○○くんの!?」

(こんなところに○○くんのお家あったかなぁ・・・?)

「お前さんはどこから来たんじゃ?なんだか見かけない顔じゃのう・・・。」

「おじさん、僕もよくわからなくて・・・気が付いたらここにいたんです。ここはどこなんですか?」

「ここか?ここは天国じゃよ。」

「て、天国!?」