ドーナッツのまんなか

「ねえ、○○ちゃんはドーナッツ食べたことある?」

「あるよー!お休みの日にお母さんが作ってくれてとってもおいしかった。」

「私はミスタードーナッツ食べたことある!お母さんがたまに買ってきてくれるの!○○ちゃん急にどうしたの?」

「ドーナッツの真ん中って、なんで穴が開いてるのかな?」

「そう言えば、なんでだろうね。」

「どっかとんでっちゃったのかな?」

私はドーナッツが好きです。どうしてかと言うと、お母さんが私にいつも作ってくれるからです。

「○○、ドーナッツ出来たわよ。」

「ありがとう、お母さん。」

「あれっ?このドーナッツ、真ん中に穴が開いてないよ?ただのまんまるみたい。」

「ああ、それね。余った生地をそのまま揚げたのよ。」

「ふーん、私結構好きかも。」

「えっ?どうして?」

「だって穴が開いてないドーナッツって珍しいから。そう言えば、お母さん。ドーナッツってどうして真ん中が開いてるの?いつも誰かが食べたりしているの?」

「ふふ、お母さんも知らないわよ。保育園の先生とか知ってるんじゃない?例えば、しょうたろう先生とか。」

「あっ!じゃあ今度聞いてみる!わかったらお母さんにも教えてあげるね!」

その日の夜のことです。

「○○船長!大変です!嵐がどんどん強くなって、このままだと船が沈んでしまいます!」

「うろたえるんじゃないよ○○!船の舵は私が取っとくからあんたたちは他の心配しなさい!」

「船長、もう何時間もご飯食べてませんよね。」

「当り前じゃないか!どこにこんな嵐の中のんきに飯食ってる奴がいるんだい!ああ、それにしてもお腹がすいたねぇ。早く○○ちゃんが作ってくれた温かくておいしいパンとシチューが食べたいよ・・・。」

「船長、シチューとパンではありませんがドーナッツを持ってきました。○○ちゃんからの手作りです。」

「おおっ!さすが○○ちゃんだ!気が利くねぇ。・・・ってあら。このドーナッツ、真ん中に穴が開いていないじゃないか。」

「えっ、何を言っているのですか船長。ドーナッツに穴なんか開いてませんよ?」

「何言ってるのはあんたでしょうが!まぁいい、○○ちゃんに免じてありがたくもらっとくよ!」

「まったくそれにしても穴が開いてないドーナッツだなんて、私のお母さんじゃないんだから。」

「あっ!そうだ、この舵の取っ手にドーナッツを刺して穴を開けちゃえばいいんだ。えいっ!」

「あれ、船長そのおいしそうなお菓子はどうしたんです?」

「ああ、○○。今起きたのかい。これはドーナッツだよ。」

「へぇー。ドーナッツって言うんですか。初めて見たかもしれませんね。」

「そうかい?○○ちゃんに頼めばたぶん作ってくれると思うよ。」

「そうなんですか!じゃあ早速○○ちゃんの所に行ってきます。」

「・・・〇、○○!起きなさい!保育園に遅れるわよ!」

「あれ、お母さん?ドーナッツは?」

「何寝ぼけてるの!早く起きて着替えて、ご飯食べなさい!」

「うん・・・。」

「・・・ドーナッツの真ん中がどうして開いてるのか、わかったかもしれない。」