お母さんなんて大嫌い

「お母さん、ピアノの発表会で保育園の歌弾けるようになったよ。」

「その曲、同じクラスの○○ちゃんが去年弾けてた歌ね。」

「そうだよ。」

「○○ちゃんと同じくらいにピアノを始めたのにね。発表会頑張りなさい。」

私のお母さんはおかしいです。

「○○、この前の言葉は80点だったね。」

「えっ?」

「『○○ちゃんは優しいから好きだけど、私のお父さんは優しくないから好きじゃない。』って言ってたでしょ?よその家にお父さんお母さんの話はやめなさい。恥ずかしいから。」

「私は・・・」

私はお母さんが大嫌いです。どうしてかと言うと、なんでも私が思ったことを決めつけて、私の気持ちを消してしまうからです。

「今日は雨だから嫌だね。」

「そんなこと、ないよ。雨の方が綺麗に見えるところだってあるし。」

「あの子は何が楽しくて保育園に行ってるんだろうね?」

「そんなこと、言わないでよ・・・。」

「あのお家は離婚してるから、子どもがかわいそうだね。」

私だけのことじゃありません。人の気持ちも、勝手に決めてしまう人でした。そしてついに、どうしても許せないことが起こりました。

「○○、あの子と一緒に遊ぶのはやめなさい。」

「あの子、なんだか品が無いしバカみたいな子だから。一緒に遊ぶなら○○ちゃんとか○○ちゃんにしなさい。」

「・・・どうして私の友だちまで勝手に決めようとするの?お母さんに私の何がわかるって言うの!?」

「わかるわよ、○○のお母さんなんだから。」

「勝手なこと言わないでよ!こんなお家なんか生まれてこなければよかった!」

「お母さんなんて大嫌い!」

そう言うと、お母さんは私のほっぺを思いっきり叩いた。その時お母さんの手には私の涙が付いた。

「出ていきなさい。あんたはもう私の子でなくなったから、お母さんもいなくなったから。今すぐこの家から出ていきなさい!!」

そう言われて、私は家から飛び出した。

外は雪が積もっていて、足にいっぱい雪がまとわりついた。

私は身体も心も全部冷たくて、涙が止まらなかった。